Bangkok 女一人旅〜その①

 

2016年12月31日、私は人生初バンコク到着ニヤリ

なにか新しい刺激がほしくて、(現実逃避w)10日間の一人旅飛行機
バンコクで働いてる友達もいるので実質ずっと一人というわけじゃないんだけど、
ウキウキ一人旅口笛
タイの国王がなくなっていたので、盛大なカウントダウンの花火は自粛
でもどこか盛り上がるところに紛れ込めたらいいなとか、簡単に思っていたら、、
まず空港、当たり前だけど、全くわからないタイ語www
↑なんか長いw
必死に英語を解読し、海外SIMをゲットすべくカウンターへキラキラ
「10日間用ください。」
「はい、携帯貸して」
「はい」
(携帯をひらき、SIMを入れ替え、閉じて、再起動)
・・・・・・・・・照れ
「ロック解除番号は??」
「ん??キョロキョロ
「わかる?」
「ううん。ん??キョロキョロ
(入れ替えたSIMを元に戻す・・閉じて、再起動)
「はい」
「ん?キョロキョロ
「使えない、あなたの携帯」
「いや、そんなわけない。日本でもSIM入れ替えてるし・・・」
「ダメ、下がって」
えーーーーーーーーガーンガーンガーンガーン
英語もいまいちわかんないながらに、話したこの会話
下がれと言われて相手にされない私。。
何が起きたかわからないえーん
パニック、パニック。私のすべての計画は、海外SIMをいれることから
スタートなのー。。。
到着30分で、崩れ去り、、、途方にくれること、20秒。。。
「大丈夫??」と声をかけてくれた女の子
「大丈夫じゃなーいえーん」という私w
見た目からして日本人だと思ったらカタコトの日本語
後できいたら、カナダ人のお父さんと韓国人のお母さんから産まれたハーフの女の子だったハート
彼女の名は、アンディーキラキラ神、アンディーキラキラ
英語と日本語で状況を伝えて、
レンタルWi-fi借りに行こう!ということで
スワナムンプーム空港をウロウロ、ウロウロ。
スワナムンプーム空港はかなりわかりづらく階数の移動が不便!!!
あっちこっち移動してるだけで30分はかかったと思うw
地下にWi-fiがあるということで、地下へ。
あったーキラキラと駆け寄ると、年末ですべて貸し出し中とな・・・ふふ
終わった。
知らない土地で携帯も使えない。。ガーン
固まる私を、横で笑うアンディーw
もう諦めるしかなかった私は、アンディーを連れ回したお詫びに、
一緒に年越ししようと誘ってみた爆  笑
アンディーは2017年チャレンジしようと決めてバンコクに一人旅に来たらしい
へぇびっくりチャレンジ?いいね!ん?チャレンジ??キョロキョロ
と思いながら、アンディーの行きたい街へ向かうのであった・・・
つづく・・・

 PICK UP

Aglaia Official Home Page